フリーサーキット  切り換えリレー回路 033
 「フリー・ソフト」という無料のソフトウェアがある。
 「フリー・サーキット」という無料の電気回路があってもいいじゃないか。・・・・ということです・・・


切り換えリレー回路の概要
 既に1aスイッチと2線(1ペア)の配線で1つの負荷をオン・オフ操作を行う回路に、そのままのスイッチと配線でもう1 つの負荷を追加し、別々にオン・オフ操作をするようにする。 
と言っても条件があり、「負荷1」、「負荷2」、「負荷3」の順序でしかオン・オフ出来ない。

1負荷用(普通の回路)






2負荷用
 切り換えリレー回路1  直流(CD)用       切り換えリレー回路5  直流(CD)用
 切り換えリレー回路2  交流(AC)用





3負荷用
 切り換えリレー回路3  直流(CD)用
 切り換えリレー回路4  交流(AC)用

  





切り換えリレー回路1  直流(CD)用


 

動作はタイミングチャートを参照

 抵抗「r1」はコンデンサ「C」充電時の電流制限抵抗。

 ダイオード「D」は、コンデンサ「C」のエネルギーを負荷 側(出力A、BとリレーRA、RB)へ流出防止。
タイミングチャート



 


スイッチ「S」を1度オン・オフしただけの場合。

「出力A」のみが出力される。
スイッチをオフし電源が切れた後、一時RTがオンになるが その時は「出力B」には出力無し。

スイッチ「S」を1度オン・オフし、その直後もう1度オンした 場合。

最初は「出力A」のみが出力される。
スイッチをオフ後、一時RTがオンになる。
RTがオンになっている間に、もう1度スイッチをオンすれば 「出力B」が出力されると共にリレー「RB」が自己保持され る。

RTがオンになる時間は、0.3〜0.5秒程度でいいだろう。







切り換えリレー回路2  交流(AC)用

動作は、上の「直流(CD)用」と同じ。

DC回路と違うのは、抵抗「r2」の存在。
勿論、リレー「RA」と「RB」は交流用。
「RT」は直流用。


抵抗「r2」の値について
 コンデンサ「C」に充電電圧は、AC電源電圧の約1.4 倍になるが、リレー「RT」の定格電圧との差を調整する。

リレー「RT」の定格電圧が、AC電源電圧の1.2倍程で あれば抵抗「r2」は省略できる。






切り換えリレー回路3  直流(CD)用



基本的には「回路1」を拡張したもので、出力「C」を追加するだけでリレーは2倍、配線は2倍以上になった。
リレー「R0」は十数msのオフディレータイマとして動く。 
動作は下のタイミングチャートを参照
タイミングチャート



 


スイッチ「S」を1度オン・オフしただけの場合。

「A」のみが出力される。
「RA」がオンで「c1」が充電される。
「R0」がオンで「c2」が充電される。

スイッチ「S」をオフし電源が切れた後、「RA」がオフになり 「c1」のエネルギーで一時「RT1」がオンになるが、その 時は「B」は出力無し。

続いて「RT1」がオフになり、「c2」のエネルギーで一時 「RT2」がオンになるが、その時は「C」は出力無し。


スイッチ「S」を1度オン・オフし、その直後もう1度オンした 場合。

最初は「A」のみが出力される。
スイッチをオフ後、一時「RT1」がオンになる。
「RT1」がオンになっている間に、もう1度スイッチをオンす れば「B」が出力されると共にリレー「RB」が自己保持され る。

「B」が出力されている間は、「RB」がオンで「c2」の充電 続く。 その後「S」がオフになると「c2」から放電して「RT 2」が一時がオンになる。

上の状態の続きで、「B」の出力オフの直後もう1度オンし た場合。

「RT2」がオンの間に、電源を供給すれば「C」に出力され リレー「RC」が自己保持される。

「A」の出力後、「C」を出力する場合。

「RT2」がオンの間に、電源を供給すれば「C」に出力され リレー「RC」が自己保持される。

この場合、二度目のスイッチを入れるタイミングが難しい。







切り換えリレー回路4  交流(AC)用



動作は、上の「直流(CD)用」と同じ。

DC回路と違うのは、抵抗「r00」「r10」「r20」の存在。
リレー「RA」「RB」「RC」は交流用。 「R0」「RT1」「RT2」は直流用。


抵抗「r10」「r20」の値について
 コンデンサの充電電圧はAC電源電圧の約1.4倍になるが、リレーの定格電圧との差を調整する。

抵抗「r00」の値について
 リレー「R0」は、「A」が出力中に電源電圧から半波整流しコンデンサ「c0」に充電しながら駆動する。
出来るだけ定格電圧で安定動作が望ましい。
そうなると、抵抗「r0」を小さくしてコンデンサ「c0」への充電時間を短くなる様にする。(時定数を小さくする。)
抵抗「r00」も、「r10」「r20」より小さい値になる。


コンデンサ「c0」の容量について
 おおよそ「c1」「c2」の3分の1。 ・・・でいいだろうか・・・ 





切り換えリレー回路5  直流(CD)用   (回路1を変更)
 「切換回路1」では「出力A」と「出力B」が同時にオンすることはない。
下の回路では、「出力A」に関係なく「出力B」がコントロールの対象になる。


 

動作は「切換回路1のタイミングチャート」を参照。
  (「出力A」は「S」と同じになる。)













フリーサーキットMenu
接点の基本  電気の基本  基本論理回路  フリップ・フロップ回路  3to8デコーダ、4to16デコーダ
7セグメント  加算器  放した時にON  繰返し運動  自己保持リレーをタイマで切る  放電回路
ダブルタイマー(フリッカ回路)  シフト・カウンタ回路  アップ・ダウン・カウンタ回路  バイナリーカウンタ回路
シフトレジスター回路  ワンショット回路とエッジ検出回路  チャタリング防止回路  スナバ回路  
リレー・タイミング・テスター回路  コインで設定時間だけ機械を動かす(自動販売機)回路  エレベーター回路
設定時間内動作をチェック  マルチバイブレータ回路  FM変調回路、FM復調回路  切り換えリレー回路
エラーチェック回路  BCD4桁ICコンパレータ回路  2chオシロスコープを8chロジックスコープ  
設定時間でモーターを反転(正逆転)させるIC回路  電子ストップウォッチ回路
電源装置  3路4路スイッチ  攪拌機制御盤全回路図(パーツリスト付き)  


Tsystem Menu > フリーサーキットMenu >  切り換えリレー回路    
(C)2004.6 TSYSTEM 竹本システム TEL0573-79-0010 FAX0573-79-0011